NEWS

プレスリリース

2016.4.25

CyberBull、オフィス内に動画広告の制作に特化した 撮影スタジオを4月25日にオープン

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で動画広告に特化した広告代理事業を行う株式会社CyberBull(サイバーブル、以下CyberBull)は、オフィス内に動画広告の制作に特化した撮影スタジオを4月25日オープンいたします。

CyberBullは、動画広告に特化し、企画、制作、配信設計、運用までを一貫して行う広告代理事店として、複数パターンの動画広告の制作からクリエイティブテスト、効果検証後の広告配信までフレキシブルなPDCAを実現するソリューションパッケージ「HAYABUSA(ハヤブサ)」を提供しております。動画広告ではなかなか実現が難しかった、スピーディーにクリエイティブ検証できる点がWEBでの直接獲得、商品購入やアプリのダウンロードを目的としてプロモーションを行う広告主からの支持を受け、制作した動画広告は延べ1,500本に至ります。

この度、広告主の動画活用のニーズの高まりを受け、撮影場所確保の時間と手間を大幅に短縮する目的と、動画広告に使用するための動画素材が豊富ではない広告主に対し素早い撮影が実現できるよう、都内のオフィス内に撮影スタジオをオープンする運びとなりました。
CyberBullでは、今後も動画広告における新しいクリエイティブフォーマットやソリューションの開発・提供を行う他、独自のキャスティングネットワークの構築も積極的に行ってまいります。

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=11903

最新ニュース